東京のタクシー事情とノウハウについて

①東京23区でのタクシー事情とは
特に千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区におけるタクシー営業は、ビジネス街を中心に昼夜の需要の高いエリアとなります。ここでは経験に裏打ちされた先輩方のノウハウを受け、ただ流す、付け待ちだけではなく戦略的に攻める流し営業が必要となります。ライバルタクシーが多いエリアであるからこそ、オフィスビルや企業名、主要駅からの距離、徒歩の多いエリアなど、研究心と経験が必要となってきます。乗客も細かなビルの名前や地名が分かないタクシードライバーがいるのであればクレームにもなりかねません、わからない時は、冷静にナビゲーションシステムを使うなど初心者であることも武器にしながら実績を積み上げましょう。

②東京23区での攻める戦略的タクシー営業とは
例えば、公官庁街にて定例的な会議及び入札情報の開示が午前10時から行うことを知っているのであれば、近隣の駅である東京駅、大手町、丸の内、有楽町、新橋、虎ノ門、日比谷、霞が関付近にて交差点以外の歩道で慌てているビジネスマンを見つけることが出来るかもしれません、乗客の気持ち、心理を理解できるよう経験豊富な先輩方との会話のなかからノウハウを学びます。次のような例もあります。表参道付近で会食を楽しんだが、すぐに電車やタクシーに乗る気分にもなれず、夜風にあたりながら酔い覚ましと健康を意識して渋谷まで歩こうと考える方もいます。渋谷までは距離が思っている以上にあり、酔いがなければ問題ないと思う距離も途中でやっぱりやめたと思う方がいると想定されます。経験からの統計と季節や時間帯の傾向を把握している会社の営業ノウハウを学びライバルの多い激戦区を優位に戦います。

③東京23区における給与面について
東京23区における流動人口は、定住者とあわせ1,000万人を超えます。神奈川、千葉、埼玉からの通勤者、出張者、訪日、国内観光客と多くの方が集まる地域です。タクシー利用したいと思うの需要が多いところでありますが、供給するハイヤー・タクシーの総台数も全国一であります。戦略的なタクシー営業を行わなくても希望とする手取りを稼ぐことが出来るエリアかもしれませんが、ライバルも多く給与の頭打ちになることも容易で、安定した給与を確保することも難しいエリアです。継続的な高い給与を維持するためには先輩方のノウハウと自身の研究心と実践と経験を高める必要があります。これが出来れば、働き甲斐、やりがいといったことを感じながら顧客満足を直に感じる責任ある仕事です。