東京タクシーには駅待ちのノウハウがあります

東京タクシーには駅待ちのノウハウがあります。駅待ちは乗車希望者が多い特徴があり、一般的にタクシーの営業方法として流しや配車、付け待ちというものがあります。付け待ちは東京駅や繁華街などにあるタクシー乗り場だったり、役所やホテル、病院や結婚式場といった所定の待機場所においてタクシーに乗車する希望者が現れることを待つ方法です。これらの方法は所定の乗り場にタクシーが先に到着する場合、自分の順番がやって来るまで待つルールになります。効率が一見悪いように見えますが、クライアントがいつどこから現れるか分からないような道における流しと比較すると、適切な乗り場が決まっているのでクライアントが集まりやすい特徴があります。無駄な走りもなく疲労も少ないので、休憩を兼ねながら利用することが可能です。付け待ちの一つである駅待ちの場合、規模や乗降客の数、時間帯や天気などいろいろな要因から左右されますが、東京駅などの大きな駅になると乗車希望者が多いので効率的です。

乗車希望者が多いですが、駅待ちするタクシーは多いのでライバルが集まる状態になりがちです。乗り場に繋がっている道路上で数時間もかけて順番を待つようなケースもあるでしょう。そのため近距離客の乗車を拒否したり交通渋滞など、駅待ちに関係するトラブルがこれまで起きています。混雑の中長い時間かけて待ち、乗客にワンメーターでも行けるような距離の行き先を言われても、タクシー運転手は目的地まで送り届けるのがルールです。東京タクシーとして近距離でも乗ってもらえるよう日々努めていて、乗車拒否を行うと乗客に迷惑をかけたり、東京タクシーの社会的な信用を落とすかもしれません。

交通渋滞を起こすことへの対策として、タクシー乗り場に入るタクシーを制限するノウハウや、ローカルルールなども一部で利用されています。例えばナンバープレートの末尾の偶数や奇数により、乗り入れる日と乗り入れられない日を規定する方法がありあす。所定のタクシー乗り場に歩くのが面倒で、順番待ちしている後ろにあるタクシーに乗ろうとするクライアントもいるでしょう。このような場合所定場所から乗るのがルールで、クライアントの求めに応じて乗せてしまっては割り込み行為です。いろいろな違反行為を防ぐため巡視活動をしていることもあり、各駅に応じてルールやノウハウをタクシー会社や先輩ドライバーから聞いておくと安心して業務を行うことができます。