東京でタクシードライバーになるならプロの目標設定のノウハウを知っておこう

タクシー会社には営業指導員が在籍しているところもあり、従業員に具体的な営業ノウハウを教えています。稼げるか稼げないかの差はシンプルで、お客さんを多く乗せられるかどうかです。まず最初に確認しておくべきことは、自身の平均的な売り上げを知ることです。稼げる日と稼げない日では大きな差があるでしょうが、これらの平均値を把握しておきます。

東京で稼いでいるタクシー運転手は、目標設定のノウハウを取り入れていることが多いです。人は目標設定をしないと自分に甘えてしまう性質があり、稼いでいる運転手ほどそれをよく把握しています。売り上げの時間単価を把握しておけば、明確な目標設定が可能になります。1勤務16時間の業務であれば、1時間ごとの売り上げを把握しておくのです。そうすれば何時が稼ぎやすい時間帯なのか明確に把握できるでしょう。一般的には夕方あたりから売り上げが伸びていくのが普通です。

東京のベテランタクシー運転手は、日中よりも夕方以降の時間帯で効率よく稼いでいます。日中というのは移動手段にタクシーを使用しない方が多いので、お客さんをつかまえるのが比較的難しくなるのです。一方で夜間になると急増してくるので、この時間帯で新人とベテランの差が明確に表れてきます。全国的に東京というエリアはタクシー運転手にとって稼ぎやすいですが、頑張っても稼げない人はいるのが現実です。こうした人は正しいノウハウを把握していない、つまり無理な方向に頑張っているケースが多いです。メリットがある頑張り方をしないとまったく意味がありません。

正しく目標設定をしている東京のタクシー運転手は、無理な運転をしない方が多いです。無理な運転をすれば高収入を得られると考える方がいますが、これはまったく当てはまりません。精神的に余裕がなくなると冷静な判断ができなくなりますし、運転ミスも増えてきます。ヒヤリハットが10回発生すれば、うち1回は事故につながると言われているのです。どんなに頑張って稼ごうとしても、事故を起こしては本末転倒でしょう。賢く東京で稼ぐためには、集中する時間帯を明確に決めておくといいです。例えば24時以降から売り上げが伸びるという方は、この時間帯に集中するように身体を調整します。一般的に日中に関しては、稼げる人と稼げない人の差はあまり生じません。よい意味で手を抜く時間帯を自分で決めておくことも、効率よく稼ぎ続けるためのノウハウです。