東京の優良タクシー乗り場についてのノウハウを学ぼう

東京近郊には、優良タクシー乗り場と呼ばれるものが15カ所ほど存在しています。東京近郊の優良タクシー乗り場とはどのようなものなのか、そのノウハウとしては、だれもが安心して利用できる乗り場のことを指します。このような乗り場を知らない人も多いですが、ノウハウを学んでおくことも大切です。そもそも優良タクシー乗り場とはどのような場所なのかというと、安全とサービスの両方の面で一定の評価を受けている運転者や事業者が利用できる乗り場のことを指しています。分かりやすく言うと、優良運転者の表彰を受けた運転者、また法人事業者のサービスに関して優良表彰を掲げた車両、三ツ星の個人タクシーなどがこれにあたります。個人が掲げるマークや車両のマーク、ステッカーなどが該当します。

優良乗り場を利用するためには資格が必要となります。その一つが優良運転者表彰を受ける方法です。この条件に当てはまる条件は、過去5年間無事故、無違反であることが該当します。普通自動車免許でいえばゴールド免許がこれにあたります。表彰を受けるためには市区町村などの自治体に表彰制度があるので、自分が住んでいる地域の交通安全協会に問い合わせるようにしましょう。また優良事業者として認定されている会社に就職する方法も一つの手段となります。実際に評価を受け認定されたタクシー会社が、この資格を持っているといえるでしょう。この評価は接客やサービス、安全や運行管理など様々な項目について、点数がつけられているのです。東京近郊にある優良タクシー乗り場を利用することには、タクシードライバーにとっても利用者にとってもメリットがあるといえるでしょう。利用者にとっては、優良なタクシーしかいないので、トラブルに巻き込まれることもありません。気持ちよくタクシーを利用することができるでしょう。

一方のドライバーにとっても、一般のタクシー乗り場に行くよりもライバルが少なくなるので、早く乗客を獲得することができ、効率よくお金を稼ぐことにもつながります。この東京近郊の優良タクシー乗り場がどのようなところにあるのかというと、山手線の駅周辺に多く存在します。東京駅には北口と南口に1か所ずつあり、新宿駅にも合計2カ所存在しています。そのほかにも新橋駅や池袋駅など、主要駅には乗り場がある傾向にあり、山手線沿線以外であれば銀座や青山、羽田空港などに乗り場が設定されています。タクシードライバーとして働くためのノウハウとして、効率よく稼ぐためにも、優良乗り場を利用できる会社に就職することが一番の近道と言えます。