東京タクシーで成功するための必需品やノウハウを紹介

「お客様のために必要な必需品を用意しておこう」
東京タクシーで働く際には、やはりお客様第一のスタンスで業務をこなすことが重要です。会社を背負っているわけですので、お客様からの印象や評判は重要です。ノウハウとして、必需品を必ず用意しておくというのが理想です。東京では様々なタクシー会社があるので差をつけることは難しいですが、他の会社と同じレベルのサービスを個々の運転手が行っていく事が求められます。必需品を上げてみますと、第一に地図です。今はカーナビがあるからよいだろうと思う方もいるかもしれませんが、ナビでは表示されないお店や細かな道の状況を見るためにもあると便利です。釣銭トレーも準備しますが、普段は固定が出来るようにマジックテープなどで固定をして工夫をする方もいます。夜間のドライバーでしたら、懐中電灯もあると便利です。車内灯だけですと見えづらいこともありますので、支払いの時などに手元を照らすことが出来る懐中電灯があると良いです。

「エチケット袋や消臭スプレーも忘れずに準備しよう」
東京でタクシー運転手をするなら、本当に色々なお客様を乗せる事になりますので、消臭スプレーやタオル、エチケット袋は忘れずに準備しておきましょう。エチケット袋は想像がつくと思いますが、お酒を飲んで乗車したり、車酔いしやすい方もいますのでいざという時のために合った方が良いです。さらに次のお客様を乗せるにあたり、消臭スプレーも使って準備をしましょう。タオルも何が起きるかわかりませんので3枚から5枚程度用意しておくと良いです。

「東京タクシーで働く人が持っておくと便利なものとは?」
必需品と、持っておくと便利なものというのはまた少し違ってきます。お客様のために整えておくのも成功するためのノウハウとしては重要なポイントですが、運転手として働くためにあると便利なものもそろえておけばより効率が良くなります。長時間の勤務となりますので、眠気対策グッズとしてミント系のガムやドリンクなどがあると良いです。車内で仮眠をとる時にはアイマスクを使うと、仮眠の質も高まります。万が一の渋滞に巻き込まれた時のために、携帯用トイレも用意しておきましょう。東京のタクシーで働くにあたり、ノウハウの一つはやはりあると便利なものと、必需品を用意して業務に臨むことです。備えあれば患いなしといいますし、これらの物は集めておくとお客様からの満足度も高くなったり、長時間の業務もしやすくなります。