東京でタクシードライバーをするならノウハウを学んで収益アップを目指すのが常識

東京はタクシードライバーの平均収入が高く、もっとも稼げる都市になっています。しかし、同じ東京で働くタクシードライバーにも収入差があり、稼げる人と稼げない人がいます。稼げる人は独自のノウハウを持っていることが多く、様々な情報を吸収しているのが特徴です。収入を増やしたいのであれば、自ら収益アップのポイントを探り、日ごろから意識付けすることが大切です。

収益をあげる人は東京の人の多さに甘えない
東京は人が多く、特に工夫をしなくても稼げるような会社もあります。しかし、自由に出来る時間を有効活用し、サービスの品質にこだわれば更に収入増が目指せます。付け待ちに向いたポイントをいくつ知っているかで客の回転効率が大きく変わるためです。社内評価を上げつつリピーターを掴むといった工夫も可能です。稼ぐ人は収益をあげることに貪欲であることがほとんどになります。曜日と時間、どんな場所で客を捕まえられるか考えるだけでなく、人の流れをチェックしつつ学ぶ意識が重要になります。

ノウハウは教えて貰えないことも多い
タクシー会社によっては先輩や同僚からノウハウを教えてもらえる場合もあります。しかし、ドライバー感のライバル意識が強い場合はそうでもありません。ノウハウの内容によっては収入の奪い合いになるからです。人に教えてもらうよりも環境などから学んでいく意識が重要になってきます。たとえば、タクシーの空車がどこから流れてくるか確認することも大切です。タクシーがどこから人を運んでいるかがわかれば、乗客を簡単に捕まえられるようになります。レストランウェディングで人気のある店で日祝日は特に人の出入りが多いなど、情報を網羅できるようになるとプラスになります。稼いでいるタクシードライバーは一つ一つの小さな情報の積み重ねで収益力を磨いているのです。駅との位置関係と時間なども影響するため、複数の情報を紐づけて考えられるようにするのもおすすめです。

ノウハウを身につければメリハリが作れる
ノウハウを学んで収益性を高めた場合、稼ぎたいときに稼ぐ、休みたいときに休むといったメリハリもつけやすくなります。東京は人口が多い分、タクシードライバーにとってもチャンスが多くなります。大きく稼げば、体調が悪いと感じたときはしっかり休む、乗客の回転率を下げて流すようにすごすといったリズムを作ることも可能です。収益性が低い場合は会社側から白い目で見られないか不安になる人も居ますが、稼げる実力があればそれほど気にならないのもポイントです。稼ぐノウハウは収入以外の面でも自分を助けてくれます。