東京でタクシードライバーで成功するためにはノウハウで高効率化

タクシードライバーが最も多いと言われているのが東京です。その中でタクシードライバーとして収入を得るためには、それなりのノウハウが必要です。何も対策がない人との差は歴然なので、見逃せない要因となっています。特に効率を重視することが重要なキーポイントになります。

タクシードライバーは、基本的に7時間程度の乗務を行います。長時間勤務のシフトもありますが、その分休みが多くなり実質的な勤務時間に差はありません。どちらも効率さえ良ければ、良いのですがそれは本人の努力次第です。東京で収入をあげるノウハウとしては、いかに乗客のニーズを汲み取るかと言うことに尽きます。乗る人がいなければそれだけ収入は下がります。つまり常に乗車中となれば、それだけ売り上げが増えることになります。

東京で売り上げを増やすノウハウは、どのようにして長い間乗客を乗せていられるかです。多くの乗客が見込まれる東京では、空車の時間を減らすことは、不可能ではありません。常に多くの人が集まる場所に行って、乗せ続けることで売り上げにつながります。あとはどこで誰を乗せるかと言うことです。観光客が多くいるところでは、人気のスポットやホテルへの移動が多くなります。その分渋滞が多くなり、長い時間拘束される恐れがあります。イベント会場では、多くの人を送迎できるチャンスですが、一方向であることが多いので、いかに効率よく戻るかが重要です。

顧客の思考をしっかりと分析して、時間や曜日、天気やイベントなどを把握しておく必要があります。その需要の分析が東京で多くの乗客を乗せるためには必要です。確かに需要の多いエリアなので、そのまま流していてもある程度の収入は得られるかもしれませんが、それでは不安定で低い日もあるはずです。そのような変動を少しでも減らせることも効率を高めるためには必要になります。

タクシードライバーはきつい仕事と言われていますが、長時間労働や接客などよりも、そのような需要を常に追い求めなければ、売り上げを高く維持できないところが厳しいと言えます。気を抜いてしまえば、代わりはいくらでもいるので、すぐに顧客を取られてしまいます。他の人が気がつかないトレンドをいち早く見つけて、それを実行に移せることが求められます。営業とマーケティングを兼ね備えた職業と言えるでしょう。ここに生きがいを感じなければ、タクシードライバーを続けて行くことは難しいと言えます。