東京タクシーには地理試験のノウハウが蓄積されています

国土交通省はタクシー業務適正化特別措置法を規定していて、特定指定地域においてタクシーの乗務員になろうとしている人に対して、運転車登録原簿に登録されるとともに地理試験の合格も条件にしています。東京タクシーの仕事をしたいなら、2種免許はもちろん地理試験や法令試験などにも合格しなければいけません。東京のタクシー業界は人手不足と言われていますが、試験を受けてすべて合格しなければならず、試験は難しいので一筋縄では行きません。大きな壁が立っていますが、東京タクシーではいままで培ってきた地理試験のノウハウがあるので、初心者も効率よく学習することが可能です。東京タクシーでは地理試験に関して相談する人も多いですが、これまでのノウハウに基づきいろいろなアドバイスを受けることができます。

タクシーの仕事をするため、地理試験という難関をクリアしなければいけません。壁を突破しないとタクシー運転手を目指していても業務を行うことができないようになっています。この試験は早い人の場合は2日で勉強することができたり、1ヶ月ぐらい勉強するとクリアすることが可能です。合格するまでの期間に違いがありますが、勉強の仕方や学習量などどれだけ多く学習することができたかによって違いが出てくるでしょう。地理試験は暗記するものが多いので、暗記する勉強が得意な人は短い間で合格することが可能です。暗記の勉強が得意でない人は少し難しいかもしれません。地理試験に関して悩んでいる人は多いですが、東京タクシーの運転手経験者からノウハウを伝授しえもらうことによって、地理試験を短期間で合格することができるでしょう。

地理試験の際に配られる幹線道路図についていくつか種類があり、種類ごとに地図には30本の幹線道路や、交差点15カ所などが選択肢として対象になっています。幹線道路30本×6種類になるので合計180本と、交差点15カ所×6種類になる合計90カ所を暗記することになるでしょう。ほぼ同じ地図を使っているのでかぶることもありますが、実際84本の幹線道路や45カ所の交差点などを暗記しておくと、どのような種類の幹線道路図が出題されたとしても完璧に答えることが可能です。幹線道路図攻略のポイントとして地図ごとに出題された問題を勉強していると、180本ある道路を勉強しているようになり効率の良くない勉強法となるかもしれません。東京23区や武蔵野市、三鷹市などの主要幹線道路を暗記することによって、1種類の地図をベースにして84本幹線道路を覚えることや、交差点45カ所を暗記するのが効率の良い学習になります。