東京タクシーの空車の考え方やノウハウ

東京で仕事をするタクシードライバーにとって、空車に対する物の考え方とかできるだけ売り上げを上げるためのノウハウとしてはどんなことが考えられるでしょうか。タクシーは、いくら街中の道路を走らせていても、お客さんが乗っていない空車の状態では売り上げはゼロです。ハンドルを握って運転しているからには仕事をしている状態であることは事実でしょうが、売り上げが上がらないことには歩合給が収入のメインとなるタクシードライバーの場合、収入も得られないことになります。そこでノウハウとしてはいかに空車を減らすかということが重要です。地方都市であれば駅やホテルなどのタクシー乗り場で付け待ちをする選択肢しかほぼ無いところも多いですが、東京は流しでの営業が十分に成立します。むしろ、東京では付け待ちよりも流しの方がメインになるかもしれません。

そこで、流しにおいてできるだけ空車を少なくするためのノウハウということになるのですが、これはまずは人の流れをおおまかに把握しておくことが大事です。東京のどの地域ではどこにタクシーで行こうとする人が多いのか、その絶対数は多いのか少ないのかといったことです。これはもちろん時間帯や曜日によっても異なりますし、天候に左右されることもあるでしょう。あるいは、期間限定のイベントなどによって変わることもあります。東京や周辺地域のこのような情報をしっかりと仕入れておくことが重要でしょう。例えば、同じ場所であっても反対側の車線ではお客さんを拾えるかどうかとか、拾えたとしてどの行き先が多いのかというのは全く様相が異なることは珍しくありません。

タクシードライバーは誰でも、多少なりとも経験を積めば例えば営業所の近くとか、自分が営業のメインとしている土地勘のある地域では自然とこのようなノウハウを身に付けるようになるはずです。ですが、それに満足せず、さらに一歩広げてみることが大事でしょう。要するに、馴染みの地域でお客さんを乗せて走り、降ろした後の状況に大きく影響するからです。土地勘というかノウハウを十分に把握している場所で降ろすとは限らないでしょう。ここで慣れないドライバーは、空車のまま元の地域に単に戻るしか打つ手がなかったりします。もちろんタクシーによって営業地域は決められていますからそれに従う必要はありますが、十分に情報を持っているドライバーは、降ろしたその地域でもどこでお客さんをつかまえやすいのかということが即座にピンと来るために、またすぐにお客さんを乗せることが比較的容易だったりするわけです。この両者の差は明らかでしょう。