東京でタクシードライバーで稼ぐエリアごとのノウハウ

東京都は47都道府県のなかでも最小の面積でありながら、タクシー需要は間違いない区日本最大のエリアです。ビジネスの為にあるいは観光やショッピング、国内外の目的地までの中継地として毎日、膨大な数の人々が行き交う都市である以上、東京はタクシードライバーにとって魅力的なポテンシャルを持っているのは確かです。しかし一口に東京と言っても、大企業が入るビルが立ち並びビジネスマンの往来が盛んなエリアもあれば、ショッピング目的や若者で溢れかえる街もあり、なかには外国人が多数を占めるエリアも。昼と夜とでは様相をいっぺんさせるエリアもあるので、それぞれの地区の特性を踏まえてエリアごとに稼ぐノウハウを構築する必要があるわけです。そこで東京都の主要エリアごとに稼ぐためのノウハウを御紹介します。

千代田区・中央区は東京駅や皇居なども所在する首都の中心とも言うべきエリアです国内最大のビジネス街、丸の内や大手町などもこちらのエリアに属します。タクシー利用客のメインは言うまでも泣くビジネスマンです。千代田区・中央区エリアはタクシー需要が日本最大とも言われており、時間帯によってはタクシー自体が不足することも。しかもこのエリアには銀座もあります。昼は高級志向のセレブの買い物客、夜になれば高級クラブで接待された方々など、タクシーに身を預けて悠々と帰宅の途につくお客様には事欠きません。銀座を初めとした中央区・千代田区エリアを制するものは、東京を制するといっても過言でないほどの重要な営業エリアです。

港区・渋谷区は赤坂・六本木・表参道・渋谷と日本最大のカルチャーの発信エリアで、ショッピング・ビジネス・接待など昼と夜とで装いを変化させながら1日中多忙なエリアです。週末になると六本木や表参道は、結婚式やホテルでのイベント開催などでも賑わうので平日でも相応のタクシー需要を見込めます。六本木は「眠らない街」の異名もあるように、朝方までお客様は途絶えることはありませんが、泥酔客への対応などそれなりの経験値も必要です。サラリーマンの飲み屋街が広がる新橋や、若者が集う渋谷駅などタクシー利用客は膨大です。抜け道や近道などを徐々に習得することがこのエリアでのタクシー営業での重要なノウハウになります。

新宿は西側のオフィス街と東側の飲み屋街とでまったく様相が異なります。需要が大きいのは確かですが、利用客からのクレームが多いのも確かです。新宿を商圏に組み込むことができれば、儲かる機会も広がるはずです。