東京でタクシー業務するときチャイルドシートがないときのノウハウ

・大人ではシートベルトの装着義務がある
東京は交通量が多く、一般道から高速道まで道路網が張り巡らされているので、タクシー業務を行うにあたってはお客様の身の安全に注意を払う必要があります。お客様の身の安全を図る上で必須なのが、シートベルトです。シートベルトを正しく装着することで、万が一の事態に遭遇してもお客様の身の安全を図り、負傷のリスクを低減することが出来ます。2008年6月より一般道においても、後部座席のシートベルト装着が義務付けられています。これは一般車両さけでなくタクシーにおいても同様で、タクシーを乗るときにおいても乗客にはシートベルトの装着が義務付けられているのです。東京でタクシーを運行するときには、老若男女様々な年代のお客様が利用しています。それでは大人だけでは子どもの場合はどうなのか。乳幼児ではシートベルトを装着するのが難しいことがあるので、チャイルドシートが存在します。東京でタクシーを業務遂行のために運行するときに、チャイルドシートの装着が必須になるのでしょうか。

・東京でタクシーを運行するとき、チャイルドシートの設置は義務ではない
最初にチャイルドシートの意義を確認しておくと、シートベルトを装着できない年齢の子どもを自動車乗車のときに、安全に運行するために子どもの身体を固定する装置のことです。日本の法律では、運転者が6歳未満の子どもを乗車させるときに、使用が義務付けられています。チャイルドシートを活用することで、安全に固定するだけでなく、急な動作で運転中の事故の発生を防止するなど、より安全運転につながります。ところタクシーを運用するにあたり、チャイルドシートの設置は義務付けられていません。お客様のなかには安全運行の為にチャイルドシートを使用したいとの意向をお持ちのお客様がいる可能性はあります。可能であればチャイルドシートを常時搭載しておき、いつでも正しく装着できるように習熟できればベストです。

・チャイルドシートがない場合は、ノウハウを習得しておくこと
東京でタクシーを運行するに際して、チャイルドシートを装備していない場合は6歳未満の子どもが乗客になった場合に備えノウハウを準備習得しておくことが必須です。このときのノウハウは抱っこひもと体の間に通してもらい、子どもの身体が衝撃などで全部座席との間に挟まることがないようにケアすることがポイントになります。こどもが一人で座るときには、安全のために運転座席の後ろに座席をとり、カーブ通過時の遠心力で子どもが落ちないように注意をしておくことも対策になります。