道路状況は東京で稼げるタクシードライバーに求められるノウハウの一つ

タクシードライバーは、常に安全運転を心がけると同時に迅速な運転が求められる業種です。乗車して来たお客さんの中には大変急いでいる人も多く、中には目的地まで急いでいかなければならないケースも少なくありません。ただ、迅速や急ぐといってもタクシーには法定速度が決まっているので、ルールを守り運転を心がけることが大切です。特に東京の中は信号が多くあるのでスピードを上げることはできない、東京では道路状況の把握などのノウハウがタクシードライバーに求められることになるわけです。

東京の道路状況は、渋滞が多くありますが車線を選ぶことで渋滞から脱出できるケースも多く、いかに最適なタイミングで車線を変更するのかといったノウハウが求められます。スムーズに流れる車線を選びながら走り続ける、これにより東京の中を走るときにも余計な信号待ちを防げるメリットに繋げることができます。仮に、信号に引っかかってしまうとそれだけ時間のロスを作り出してしまう、当然目的地に到着する時間も変わって来ます。お客さんを待たせることはタクシーの中ではサービス低下に繋がるもの、そしてタクシードライバーの営業収入にも悪影響を与えてしまいます。一人のお客さんを乗せて移動するとき、信号待ちのために5分間のロスが生じたとします。これが1日40回などになると3時間20分のロスになる、1回5分でもロスを積み上げて行くと膨大な時間を無駄にしていることがおわかりではないでしょうか。

3時間20分のロスは、営業成績にも悪影響を与えることになるためスムーズな車線変更といったノウハウをマスターすることは東京の中で稼げるタクシードライバーには欠かすことができない部分です。ちなみに、3時間20分のロスをお客さんを乗せて東京の中で業務をしていた時間に置き換えてみるとわかりますが、ロスタイムを別のお客さんを乗せているときには売り上げに結びつきますので、営業収入も当然アップしてきます。なお、スムーズな車線変更を行うためには常に運転中は周囲の状況を確認する、特に配送トラックや路線バスなどはゆっくり走行する車両ですし、路線バスなどではバス停があれば大半の場合が停車するので、なるべくこれらの車両の後ろに付かないことが求められます。普通乗用車の場合でも、車線変更時に入れてくれる車であるのか、ノウハウを蓄積することでわかるようになる、これも一つのタクシードライバーのノウハウです。