東京のタクシードライバーが集中力を高めるためのノウハウ

タクシー業務は、お客さまとの接客や運転など集中力を非常に必要とされる仕事です。東京都内は車も多く運転に細心の注意が必要なことに加え、東京は観光スポットが多く、東京スカイツリーや東京タワー、東京ドームなど数多くのスポットへの道順を覚えるなどドライバーの気苦労は計り知れません。そのため集中力を高めるためにはどのようにすればよいのか悩まれている方も多くいらっしゃいます。しかしながら世の中では、数多くの集中力を高めるためのノウハウが確立されるのが実情です。ノウハウを少しでも自身の日常に取り込むことが、より効率的かつストレスフリーなタクシー業務の遂行に役立つでしょう。では、具体的なノウハウとはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、重要なのはリラックス時や集中している際に出るアルファ波という脳波を意図的に出すよう仕向けることです。例えば、休憩時間中にヒーリング系の音楽、特に川のせせらぎなどの自然の音を聞くとアルファ波が出てリラックスしやすく、休憩明け後に集中して業務に取り組めるようになります。優秀なタクシードライバーの方の中には、休憩時間にヒーリング系の音楽を用いてコンディションを整えられている方も多くいらっしゃいます。また、この際に重要なのが、ヘッドホンなどで外部の音を遮断の上で聞くとより効果が高いといわれています。ただし、聞き入ってしまい、休憩時間を超えてしまうことが無いように、うたた寝に入ってしまわないように事前にアラームをセットしておくなどの対策も忘れずに実施しましょう。

また、集中力に欠かせないのが糖分の補給です。ブドウ糖は脳を動かすために大切な栄養源として知られています。脳は人間の消費エネルギーの20パーセントを占めているともいわれており、糖分不足は集中力の低下と密接にかかわります。手軽に糖分補給をするためには、チョコレートや飴がうってつけですが、当然のことながらお客さまの送迎中を避け、休憩時間に補給するようにしましょう。また、声に出しやるべきことを発声するのも効果的です。駅のホームで電車の運転士の方や車掌の方が指差しだけでなく発生も行う、いわゆる指差し呼称を行っているシーンを見かけたことがあるかもしれません。このように声に出すことで脳の中を整理する効果があります。頭の中で考えていることが、発声により、声に出した内容とリンクし集約されるため、作業に集中しやすくなるのです。そのほかにも集中力を高めるためのノウハウは、ウェブや書籍でも数多く見ることができます。ご自身にあったノウハウを適用し、よりプロフェッショナルなタクシードライバーとして活躍するための一助としてみてはいかがでしょうか。