東京でタクシードライバーの初心者になったときのノウハウ

転職を機に東京でタクシードライバーになる人も多いようです。そのような初心者に同じように襲いかかるのが不安の波です。しっかりと収入が得られるだろうか、道を間違えたりしないだろうかや交通違反をしないだろうかなど個人によりますがさまざまです。特に競争相手の多い東京では、それが顕著になります。そのような不安を解消するノウハウが存在するのであれば、知りたいと思うはずです。

東京に限らずタクシードラーバーの仕事は、割りに合わないと思われています。長時間の勤務や収入が安定しないこと、収入が少ないことなどがその理由です。でも中には同じ時間しか乗務していないのに、しっかり売り上げを上げている人もいます。その違いが初心者の不安を解消するノウハウにつながります。

予感や予想をすることは可能ですが、将来に起こることが明確にわかる人はいません。だからこそ希望を失わずにいられることと不安がなくならない状況に陥ります。東京は変化のスピードが他の都市と比べても段違いに早いことで知られています。だからこそ将来への不安が大きくなるのは当然です。タクシードライバーならその変化を肌身で感じることになるはずです。乗客数や乗車距離などに変化が起きて、景気の良し悪しがあからさまに影響するでしょう。そんな時に不安を感じているだけでは飲み込まれてしまいます。

不安を解消するノウハウは、リスクとして捉えることです。不安とは起きて欲しくない未来の事柄です。雨が降らなければいいなと思うことも不安の一つと言えます。それは自分でコントロールすることはできませんが、それに対応することは可能です。例えば傘を持って歩くことや予定を変更することなどが考えられます。つまりただ待つのではなく、その不安が起きないようにしたり、起きた時に被害を最小限に抑えることができれば、リスクはコントロール可能になって、不安になりません。

東京だからと言うわけではありませんが、将来の不安をしっかりと分析してできることを実施することが初心者には特に重要になります。初めてのことは不安に感じることが当然で、誰でもそれは変わりません。そのままにするか、対応するかが初心者のまま終わるかステップアップできるかの分かれ目になります。不安をリスクと考えるだけでコントロールが可能な気がしてきます。そしてその実績が積み重なって、十分な自信がついた時が初心者から脱却です。何もしないことが一番リスクが高い状況を作ります。