東京の銀座でタクシードライバーになったときのノウハウ

銀座と言えば、東京の中でも高級な店舗が立ち並ぶエリアとして知られています。そんなところでタクシードライバーになるためにはそれなりのノウハウがあります。無策で挑めば、無残な結果に終わるのは目に見えているので注意しましょう。

東京の銀座に用事がある人は、それなりの収入を得ている人たちと言えます。考えられる目的としては、昼間は老舗のデパートや専門店での買い物、夜間は高級なレストランでの食事、深夜はホステスがいるようなお店で時間を過ごすなどです。これらの方々は、公共交通機関を使う割合が少なく、渋滞を避けたいことからタクシーを使う割合が高くなります。これだけ聞くと簡単に顧客を見つけられそうですが、それほど楽なものではありません。

まずは流しで乗車することが少ないと言うことです。需要が増えてタクシーが足りない状況では、流しでも揉んだありませんが、基本的には主要な施設の乗り場での待機になります。昔から利用している人が多いので、どこにいけば乗れるかを知っています。だからいちいち流しのタクシーを止めようと考える人が少ない状況です。また、東京でも銀座は特殊なルールがあるので、忘れてはいけません。それは時間によって乗車できる場所が決まっていると言うことです。平日の22時から25時は規定の場所でしか乗車することができません。これはノウハウではなくルールなので、守らないと大変なことになります。

また接客のレベルも高くないと苦情につながるから危険です。銀座は東京でも有数の大手企業や文化施設、高級なお店も多いため、乗客の意識が高い傾向にあります。気軽な会話が気持ちを害すようなこともあります。また、マナーを重んじることもあり、正しい乗車方法に合わせないと使えないタクシーと言うイメージがついてしまい、苦情のタネになるので注意が必要です。マナーを覚えて、それに合わせることができるようにすることがノウハウになります。

東京でも多くの需要が見込めるのが銀座です。その分乗客の求めるレベルも高くなります。それに応えられなければ、次にそこで活動する機会がなくなってしまいます。そうならないようにするためには、それなりの準備や覚悟が必要です。逆に銀座で得たノウハウが他のエリアでも有効なので、効率良く収入を得ることが可能になります。いわばタクシードライバーの上級試験の場と言っても過言ではないでしょう。不用意に踏み入ることは避けた方が安全です。