東京でタクシーで稼ぐなら時間帯でターゲットを変えるのがノウハウ

東京でタクシードライバーで稼ぐことは比較的簡単です。それは、多くの人がいてタクシー需要も大きいからです。ただし、東京でタクシードライバーをやっていても稼げている人とそうではない人がいるのは事実で、効率よく稼ぐためのノウハウを知っていることが重要になります。例えば、時間帯によってターゲットを変えることは効果的です。時間帯によって移動するのが多い層は変わってくるので、その時間に良くタクシーを利用するターゲットがいる場所で客待ちをするのがコツになります。例えば、朝の8時くらいは病院へ行く高齢者や会社へ行くサラリーマンなどが利用することが多いので、住宅街を流しているとタクシーに乗車してくれる人を捕まえやすくなります。また、駅前なども遅れそうな人がすぐに行くために乗ることがあるので捕まえやすいです。

東京で時間帯別に稼ぐもう一つのノウハウは、夕方のサラリーマン層を狙うことです。サラリーマンは仕事帰りの帰宅にタクシーを使うことがありますので、その層を狙えるビジネス街だとお客さんを拾いやすくなります。また、帰宅の際には比較的遠くの場所へ移動することになるのが多いので、それだと単価も上がって歩合制での上乗せにも期待することが可能です。また、帰宅以外にもアフターに飲み屋に行く人も多く、そうした人も同時に狙うことができます。逆に駅前はこの時間帯はあまり単価が高くないお客さんが多いので、避けた方が良いでしょう。自宅や飲み屋までの距離であればそこそこになりますが、帰宅時間近くの駅だとそこから近い場所の住宅街に移動することになる傾向にあるので、あまり単価は高くなりません。

夜は東京の飲み屋街を狙うのがノウハウです。ここで遊んでいる人たちは、高いお金を出して遊ぶ人も多く、帰りにタクシーを利用する場合長距離になることも少なくありません。そのため、単価を稼ぐことができます。具体的には、六本木や銀座、赤坂といった場所だと、東京でもお金に余裕がある層が遊ぶエリアになるので、高くなるタクシー代の負担もできる人が多い結果、単価を上げることに期待ができます。ただし、なるべくばらけた範囲で拾った方が良いです。駅の近くは多くの人がいるので確かにたくさん乗せることができますが、住宅街と駅の往復だけだと数はこなせてもあまり稼ぐことができなくなります。時間のわりに効率が落ちてしまうので、なるべく単価が高い客を得る工夫をするのが最大のコツです。