東京でタクシーの乗客を増やすためのノウハウは曜日を意識すること

東京でタクシーで運行していて、乗客を増やすためにはどうしたら良いのでしょうか。人の多いところに行った方が良いのは当然ですが、どこに行けば人がいっぱいいるのでしょうか。それを考えた時に一つのノウハウと言えるのが、曜日による違いを知ることです。

東京でタクシーを利用する人は、話題のスポットに行きたいと言うケースが多いのが特徴です。美味しいお店や劇場などジャンルはさまざまですが、人気があればそれだけ多くの人が利用します。東京にはそのような場所が数多く存在しています。そして定休日が決まっているところもあります。つまり定休日にそこに行く人はいないと言うことです。曜日によって顧客の行きたいところは変わります。その理由を知っていることで、流す場所を選ぶことができれば、効率よく乗客を増やすことができます。

東京で乗客を増やすもう一つノウハウは、休日と平日の使い分けです。多くの人が他県から流入する東京では、平日と休日での人の流れが大きく変わります。その違いを把握しておかなければ、収入を増やすことは難しいでしょう。金曜日や月曜日は、サラリーマンの利用が増えるはずです。特にビジネス街に絞って運行することが効率的です。休日の土曜や日曜では、主に観光スポットを重点的に流した方が良いでしょう、バスでは面倒で、近くに電車の駅がないようなスポットが見つけられれば、最高です。

働き方を考えることも、乗客を増やすノウハウになります。水曜日はノー残業デーなので、夕方からの乗客が増えることが予想されます。趣味の場所に移動するのに時間がないなどの理由からタクシーを利用する人も多い曜日です。特に映画館など女性の割引サービスを実施しているところが多いので、働いている女性が多いエリアを見つけておくと安心です。また金曜の夜は、終電を逃して帰宅できない人たちで多くの需要があるでしょう。

土曜日や日曜の朝には、子供の遠征などで体育館や施設に行きたい親子が多くいます。主要な駅で待機しておくと多くの乗客を得られるチャンスかもしれません。東京でも公共の施設は、駅から少し離れている場所にあります。場所がわかりづらいなどもあって、自分で到着できない人も多いのが現実です。短時間で目的地まで連れて行ければ、顧客の評価も高まります。時間をお金で買うと言ったイメージが湧くような状況であれば、多くの乗客が望めるはずです。曜日によって、顧客のニーズは大きく変わります。