東京で働くタクシードライバーの法令順守の大切さとノウハウについて

昔から日本人の多くは会社に就職したら、その会社で終身雇用されるという方が圧倒的に多かったのですが、近年の日本では終身雇用はおろか、非正規雇用の労働者が増えているので、強制的に任期満了だったり、仕事が合わずに転職をする方が以前よりも増えています。昔から特に定年後の転職先として多くの方々に支持されてきたのが、タクシードライバーという仕事です。

タクシードライバーのメリットとしては、お客さまへの接客が少ないということ、そして一度乗せたお客さまを複数回乗せることがないので例えそれが苦手なお客さまであったとしても、その後再び会う可能性は極めて低いので、苦痛に感じることが少ないということ、そして最も大きいのは、朝の点呼以外には上司や同僚と顔を合わせる事もなく一人で働けるので、自分のペースで仕事をすることが出来るという点です。

このように自由な面が多いタクシードライバーの仕事ですが、そうは言ってもそれなりに苦労する場面もそれなりにあります。例えば、一人で仕事をしているので、自分の身は自分で守らなければなりません。近年はタクシーを狙った強盗も増えているので、その点は警戒しなければなりません。また、特に東京都内では一期一会とはいえ、毎日沢山の方を乗車させなければならないので、様々なお客さまがいらっしゃいます。ですから、癖のあるお客さまに対応するためのノウハウをしっかりと身に付けて対応するようにしましょう。ノウハウを知らずに対応すると、話が拗れて結果的に大きなトラブルになる可能性もあるのです。

また、タクシードライバーをしていると、急いでいるお客さまのご要望で法定速度を以上の速度を出してしまったり、Uターン禁止でUターンしたりというように、法令順守が出来ないドライバーも実際に多いのですが、東京都内では法令順守をしましょう。ただでさえ東京都内の道は狭く標識も多くあるので、違反しやすい状況となっています。違反をした際の違反金は、自分で支払わなければならないのです。それはとても無駄な費用です。東京都内では特にいつも以上に気を付けて運転するようにしましょう。このようにタクシードライバーの仕事は、単純にタクシーでお客さまを目的地に連れて行くだけではなく、様々な事をしなければならないのだと理解できたと思います。仕事のノウハウをしっかりと理解して、東京都内でも活躍できるタクシードライバーを目指して下さい。