東京でタクシードライバーとして働く際のノウハウと接客の気遣いの重要性

一昔前の日本は、終身雇用が当たり前でした。しかし今や終身雇用どころか非正規雇用の方が爆発的に増えている現状であり、さらに高齢化社会と言われるように、定年も徐々に延長されており、それによって働き手についても当然平均年齢が上がっているのです。そのような高齢の方が第2の仕事をする時に働く場所として人気があるのがタクシードライバーです。なぜ人気なのかというとこれまでの前例で、リタイアした方々の新たな転職先として多くの方々を受け入れてきた経緯があるということと、接客が少ないというのが挙げられます。ある程度会社員で働いた方の多くは接客を改めてするのに抵抗がある方も少なくないからです。

タクシードライバーの仕事単純に言われた場所に連れていけば良いと考えている方もいらっしゃいますが、実際にはお客さまへの気遣いなども必要ですし、接客のノウハウがあるのです。ですからそれを事前に学んでおくようにすると、仕事がスムーズになります。タクシードライバーの仕事のノウハウとしてまず覚えておくべき事は、東京の都心部での需要が圧倒的に多いので、まずは複雑な都内の道を覚えるのが先決です。タクシーの利用客の多くは目的地まで距離がある方が殆どですが、意外と多い利用客の種類として荷物が多くて持ち運びが歩きでは困難な方や、目的地までの道のりがわからずに、タクシードライバーの知識を頼って利用される方もいらっしゃいます。ですから、それに応えられるだけの知識が重要ということになります。

また、東京都内は多くの方々が利用されるのですが、外国人のお客さまも多くいらっしゃいます。ですから、そのお客さまに対しては日本人への対応よりもさらに細かい気遣いが必要です。その他にも大きな荷物を持っているお客さまに対しては、トランクを開けて荷物の積み降ろしをしてあげたりする気遣いも大切です。東京のタクシー利用客とタクシーの台数を考えれば、複数回同じお客さまを乗せることはほぼ無いと言えるかもしれませんが、客を言えばその一回でそのタクシー会社の悪いイメージが付いてしまって、利用客が減少する要因となってしまいます。ですから、もう二度と会わないといった気持ちでの接客は御法度です。

色々と述べてまいりましたが、東京都内であってもエリアによって客層も大きく変わってきます。それぞれの場所に合ったノウハウを学んで、東京都内で働くタクシードライバーとして、早く一人前になりましょう。