運転が苦手でも他の少し秀でたノウハウがあれば東京のタクシー会社でやっていけます

タクシードライバーは運転が得意でないと就けない職業であるかというと必ずしもそうではありません。二種免許取得といったある一定水準のレベルは必要となりますが、運転が苦手であっても、克服しようとする熱意のほうが重要なのです。また、一流のタクシードライバーは運転ノウハウに秀でているだけではありません。コミュニケーション力やお客さまをもてなすノウハウなど総合力が試されます。もし運転が苦手であったとしても、これまでに接客業やサービス業などで培った顧客とのコミュニケーションノウハウがある方なら、運転が苦手というだけでタクシードライバーになることをあきらめるのは早計です。

実際の問題として、運転が苦手という問題は、自動車の運転を数多く経験し、慣れればそれほど問題にはならなりません。多くの東京のタクシー会社では、入社後に二種免許を取得するための研修が整備されていますし、実際に業務につけばそれこそ業務時間内は車の運転をいつでも経験することになります。むしろ運転が苦手である意識をもって、安心安全に運転をして心がける姿勢があるほうが、優良なタクシードライバーに成長する可能性が高いともいえるのです。また、上述した通り、運転だけがタクシードライバーの業務ではありません。多くの東京のタクシー会社では、東京都心に大企業が多いことに着目し、近年では企業の幹部の送迎運転を代行するハイヤー業務も実施しています。企業幹部の送迎時のちょっとした会話を実施するだけでも、世の中の経済動向や流行といったものにドライバーは気を配る必要があります。

また、企業幹部の送迎ですから一流のおもてなし、礼儀やマナーで接することは当たり前でありそのための知識が求められます。また、最近東京都内では介護タクシーや保育タクシーなど他のサービスと組み合わせたタクシーサービスを手掛ける会社も増加しました。介護や保育の知識といったものを、時代の移り変わりとともに常に学習できる姿勢もタクシードライバーに求められつつあるのです。このように、運転技術というのは必要条件ではあるものの、一流ドライバーにとっての十分条件とはなりえません。幅広いビジネススキルが必要なのです。

東京のタクシー会社では、二種免許取得だけでなく、運転適性検査を定期的に実施したり、先輩の指導運転手を同乗してもらい、運転技術を客観的に評価するような育成制度を設けたりしています。そういったチャンスを斜めに構えずに正面から取り組めば、運転への苦手意識は経験を積むにつれ解消されることは間違いないでしょう。