東京のベテランタクシー乗務員が持つ客数を増やすノウハウ

長年にわたって東京都内でタクシードライバーとして活躍してきた人たちは、客数を増やすための様々なノウハウを持っています。また単に客数を増やすだけではなくて、売り上げを増やして手取り収入を最大化することが最も重要です。特に乗客を確保したエリアや1回あたりの運賃収入などを克明に記録することが、将来的な売り上げアップにも直結します。記録したデータを客観的に分析することで、利用者の動向も的確に把握できるようになるからです。

地下鉄などの交通機関が発達している東京都心でも、タクシーを頻繁に利用する人たちは非常に多いです。特に急いで移動したいと考えるビジネスマンは、日中に東京都内で毎日のようにタクシーを利用しています。1回あたりの支払金額は1000円未満が多いですが、このような乗客を数多く確保するノウハウを持つことが収入アップに直結します。また急に雨が降り始めたときには、デパートなどが集まる商業地域で流し営業をする方法もあります。傘を忘れた人のタクシーへの需要も多く、東京で働き始めたばかりの経験が浅い乗務員もすぐに乗客を見つけることができます。更に東京都心の特定のエリアで営業を続けると、地理にも詳しくなるためにカーナビを使わなくても目的地に到着できるようになります。

流し営業がメインであっても、高収益実現のノウハウを持つベテラン乗務員は無線配車も上手に組み合わせています。法人営業に強い会社は無線配車の比率も高く、日中でも遠距離の良い乗客を確保することが比較的容易です。特に東京都内で大規模なイベントが行われる場合には、無線配車への需要が著しく増加します。空港へ向かう無線配車の乗客は高速道路を使うので、1時間程度の間で1万円程度の運賃収入が得られます。

深夜の割増運賃が適用される時間帯は、特にタクシーへの需要が著しく大きくなります。日付が変わるころには郊外へ向かう終電もなくなるので、高速道路を使うロング客を見つける絶好のチャンスです。無線配車で長距離の利用者を見つける方法もありますが、オフィス街で乗客を探すスタイルも魅力的です。特に残業をする人が多い官庁街では、質の高い利用者を容易に見つけることができます。また繁華街の入り口で流し営業をすると、待ち時間によるタイムロスを減らして客数を増やせるようになります。給料日には深夜まで飲み歩く人が増えるので、高い売り上げが実現できる機会も増やせます。