東京のタクシーの流しで稼ぐノウハウとは

タクシーの流しとは、タクシーを走らせながらお客さんを探すことです。昼間の空いた時間帯などは、東京のように人が多い街でも、タクシーの流しでお客さんを探すことがあります。「流し営業は稼げない」と嘆くタクシー運転手さんも多いようですが、ノウハウさえきちんと覚えればある程度の収入を手にいれる事は難しくありません。東京での流しのノウハウをしっかりと学び、収入アップをはかりましょう。

東京での流しのコツは、「いかに多くのお客さんを見つけられるか」にかかっています。初心者のうちは出来るだけタクシーを走らせ、どこに人が集中しやすいかをチェックすることが大切です。特に富裕層が住んでいる区や、オフィス街周辺、さらに坂道などが多く歩きにくい場所は、日中でもタクシーを利用したいという東京の人が多い場所と言えます。もちろん、走るときには左を意識しながら右目で車線を見て運転しましょう。流しの営業の時は、基本的に左側車線のほうにお客さんが集中します。そのため、東京で走る際にも左を意識しながら走ることが必要なのです。さらに、基本的には空車の状態で走るのですから、それほどスピードを出すことはありません。ノウハウとしては、左を意識しながらいつでも停車出来る程度のスピードで走ることが大切です。

雨などの天気が悪いときも、タクシー運転手にとっては稼ぎ時です。こうした場合、人はどういう行動をとるかを考えてみましょう。急いで駅に向かったり、会場や建物に入ったりすることが多いでしょう。タクシーはその途中を狙います。駅やショッピングモールなどの近くを流せば、立ち往生しているお客さんを乗せることが出来るでしょう。加えて、なるべく大きな道路の左側を意識して走ってみることも大切です。往来するかどうかを迷っているお客さんが多く、乗車する人もたくさん見られます。

地下鉄や駅の停車状況や、何らかのイベントがある場合は稼ぐチャンス、ととらえましょう。東京ではよく駅でのハプニングが発生し、電車が停止します。そういった時は駅から人が溢れ、大急ぎでオフィスへ向かうお客さんが増えるものです。いち早くラジオなどで電車の運行状況を知っておけば、その人たちを乗せることが出来ます。さらに大きなイベントがある場合は、会場近くの駅などに行き方がわからないお客さんや、タクシーを探しているお客さんがたくさんいるものです。人通りの多い道路の場合、タクシーを探しているお客さんがいることもあります。流しの時でも、東京なら人が多いのでノウハウさえ覚えればしっかりと稼げるのです。