深夜の東京でのタクシー運転ノウハウとは

タクシーにはさまざまなノウハウが存在しますが、最も重要なものは「稼げる」ノウハウでしょう。東京の稼げる時間帯といえば、やはり深夜となります。特に終電の前後の時間は、帰る手段が無くなった人がたくさん溢れますから、多くのドライバーにとって稼ぎ時と言えます。さらに、この時間帯の場合は飲んだり遊んだりしたまま、時間が無くなってしまったという人もたくさん存在します。出来るだけこの、終電間際とその前後の時間は休憩を取らず、車を流していたほうがしっかり稼ぐことが出来ます。東京でいえば、オフィス街周辺や居酒屋のあたり、それにリッチなレストランなどが並ぶ街などを中心を走ることがお勧めです。深夜となれば、タクシーの利用をせざるを得ないサラリーマンや、経費で交通費を落とすことが出来る会社員などが、この辺りを歩いています。深夜はもちろんですが、こういったところの周辺は出来るだけ注意して走ることが、タクシーで稼ぐノウハウの基本の一歩です。

東京の夜にタクシーで稼ぎたいのなら、都心のオフィス街を走ることが大切です。おおよそ17時以降となると、サラリーマンの人は自宅への帰路につく人が多くなります。タクシーの利用は自宅の帰りの際にも見込まれますが、17時頃の場合は、オフィス街から飲み屋などがある繁華街へ向かう人を運ぶというケースが東京では多いです。サラリーマンの集団やOLの方々は、タクシーを利用して居酒屋などに向かいます。その際のお客さんを逃さないようにしましょう。また、1次会から2次回への移動の際にも、東京のタクシーの利用を必要とする場合があります。お客さんとの会話の中から、これからどこに向かうのか、1次会があるのかなどを把握できると、効率良く稼ぐことが出来ます。

終電前後の時間が終わり、深夜帯の時間に完全に切り替わると、オフィス街からは人がいなくなります。そのため、東京のタクシーの運転手は繁華街に移動することが多いようです。終電後であっても、まだ稼ぐチャンスやノウハウはあります。この時間帯は、長距離のお客さんの移動が見込まれるのです。繁華街から自宅へ帰るというお客さんの中でも、東京郊外に家があるという人は少なくありません。そういったお客さんを上手く乗せることが出来れば、一気に数千円を手に入れることが出来ます。特に週末の時間帯は、出来るだけ繁華街でのタクシー運転がお勧めです。うまくいけば、10分に1回の割合でお客さんを乗せることが出来ます。こうしたノウハウを知っていれば、東京のタクシーでも十分にお金を手にすることが出来るのです。