東京のタクシーが付け待ちをする際のノウハウ

タクシーといえば、電車とは違い乗車時間や降車場所に縛られない非常に便利な交通手段です。バイクや自家用車を持たない東京都民には、有難い存在として長らく愛されてきました。けれどそれに伴うタクシー会社の増加、ドライバーの増加は時に需要とのバランスが取れない状況を招きます。結果あぶれたドライバー達がいつまでも捕まらないお客にヤキモキしながら、駅前の車内で暇を持て余すなんて事態に発展するのです。お客が取れなくては、お給料になりません。では一体どうするのか、東京で働きながら確実に稼いでいるタクシー運転手は沢山います。稼げるドライバー達は、一体どんなノウハウを身に付けているのか?紹介していきましょう。

まずタクシーがお客を捕まえるには幾つかの方法があります。1つ目がお客に指名してもらうこと。毎日お客を乗せる時間も、大切な営業時間です。車を動かして目的地まで無事に送り届ける、これだけで満足していてはいけません。一回限りの売上と考えず、その先何回も指名して貰えれば永続的な売り上げとなり得ます。常に忙しくって指名に応えられない、なんて方以外は積極的に自分を呼んで貰えるよう気持ちの良いサービスを心掛けましょう。次が、流し営業と呼ばれる走行しながらタクシーを必要とする人を探す方法です。東京で暮らす人の殆どは、移動を徒歩か電車に頼っています。けれど寝坊して兎に角早く移動したい人や、移動に疲れて今すぐタクシーが欲しいなんて人が存外道には居ます。それを逃さず捕まえていくのが稼ぐドライバーが実践しているノウハウです。見落としのない様、周囲をよく観察しながら走行しましょう。そして最後のコツが付け待ちです。

付けまちは、流しとは逆に停車した状態でお客さんを待ち構える方法ですがこれが簡単ではありません。東京中のあらゆる場所に、タクシーの行列は存在します。お客が捕まる場所だからこそ、何台ものタクシーが集まって来る訳ですがだからといって何も考えずに追従してはいけません。ここが付け待ちをする時の大切なノウハウです。まず自分が最後尾に並ぶ前に、止まっているタクシーがパーキングにしているのかブレーキペダルを踏んでいるのかをきちんと見極めておきましょう。ブレーキペダルならば、小まめな入れ替わりが起きているということ。それならば最後尾に並ぶ価値はあります。でなければ時間の無駄ですので、流し営業に切り替えた方がまだ良いでしょう。またそこで付け待ちを始めた場合でも、15分程度で見切りを付けることも大切です。常に時間と売上に貪欲であることが、最も重要と言えるでしょう。

東京で活躍するドライバーには、同じ立場のライバルが一杯です。貴方がその誰よりも上手く働きたいと願うなら、抑えるべきポイントと日々の勉強を大切にしていきましょう。